新卒 就活

ガクチカのサークルネタで役職が無くても大丈夫なの?例文を参考に具体的な書き方を解説します

ガクチカは,、一応サークル頑張ったからサークルネタでいこうと思うけど、特に役職もないし人に自慢できるような実績もないからどうしようか迷ってます。 やっぱり役職とか、なんか実績がないと評価低いですよね。
他のネタないし何とかサークルの話で行きたいんだけどどうしたら良い?

このような悩みに答えます。

本記事の内容

◆そもそもガクチカで企業は何を知りたいのか

◆メンバーの一員として何を考えどうしたかを棚卸する

◆エピソードを通して伝えたいことを整理する

◆伝えたいたいことと企業の求める要件とのマッチングを意識する


この記事を書いた人

KyoLive
KyoLive
人材・HR領域のフリーランス歴10年
新卒の採用担当者としても活動しており、実際に採用現場に携わっています。
就活生に企業の視点を伝えながらサポートを行っています。

「学生時代に力を入れたこと」でサークルの話題を取り上げる就活生は多いですね。

私自身新卒の採用担当もしていますが実際よく目にします。

その中で、「代表をやっていました」「広報・会計をやっていました」など役職としての実績を取り上げた内容のものは目立ちますね。

また就活になるとサークルの副代表がやたら増えるという笑えない現象もあるようです。

もちろんそれぞれの役職で与えられた役割をしっかりとこなして成果を上げているという点では評価に値することは確かです。

でもサークル活動では役職がないメンバーの方が多いですし、自分なりにサークルを頑張ったという人も多いでしょう。

役割や実績がないということで、サークルネタを書くのを躊躇してしまいがちですが、それはもったいない話です。

採用担当者は本当に関心がある点は、役職や実績だけではないんです。

今回は、役職や実績がなくてもどのような内容にすれば採用担当者が関心を持つか、評価されるかという点について解説します。

もし貴方がサークルを頑張ったという自負が少しでもあるのであれば、自信を持ってサークルの話を展開していきましょう。

そもそもサークルのガクチカで採用担当者は何を知りたいのか

ガクチカでサークルに関わらず、何か大きな成果や実績を書かなきゃいけないんじゃないかと考えている就活生は多いようです。

そのため、人に自慢できるようなことがないということで、ガクチカで何を書いていいか分からないと手が止まってしまうこともありますね。

もちろん大きな成果や実績は、それだけ頑張った証なので評価に値することは確かです。

でも採用担当者が関心を寄せるのはそこだけじゃないんですね。

つまり役職や成果についてはそれほど求めているというわけでもないんです。


一番知りたいのは、頑張ったのその過程で浮き彫りになる学生の

物事に対する姿勢や意識、価値観、考え方、性格、行動特性、さらにモチベーションの源泉

が知りたいのです。

つまり学生の特徴、個性といった本質的な部分ですね。

それを知ることで、仕事の適性、将来の可能性、仕事に対するモチベーション、組織との相性等を探っていくわけです。

また会社に入ってからの仕事イメージですね。これを確認したいんです。

学生の特徴や個性とこうした企業の求めるものがマッチすると判断されたら、内定に一歩近づくことになります。

貴方は確かにサークルを自分なりに頑張りました。

貴方はどのような動機や理由で、どんな気持ちで、どんな工夫をして頑張ったのか?


そこを具体的に話してもらえれば、採用担当者が本当に知りたい内容になってくるんです。

どうでしょうか。

決して役職や実績だけが評価の対象になる訳ではないということを何とくなくでも理解してもらえましたか?

それでは、頑張った事をどう伝えていけばいいのか、ということについて解説していきます。

サークルのガクチカ:メンバーの一員として何を考えどうしたかを棚卸してみる

まずはサークルで頑張ったことを棚卸していきましょう。

実際のサークルでのエピソードを書き出してみる

実際のエピソードを時系列で小分けにしていきます。

※今回は例として「ダンスサークルで頑張った事例」を取り上げます。

① サークルで上手い人と初心者との溝が感じられて初心者のやる気が低下している。やめる人も出てきた。薄々気付いていたが何とかしたいと思っていた。

② このままほっとくと初心者の人がかわいそう。せっかくサークルに入ってくれたのにその気持ちに答えることが出来ないのは嫌だ。

③ サークルの代表に現状を訴えてみたが、貴方なりに解決案を提案するよう言われた。

④ そこで、初心者の人たちを食事に誘ったりして、意見や考えを聞いて回った。

⑤ 上手い人にはなかなかこちらから声をかけにくい、相談しにくいという意見や目標がなくてモチベーションが下がっているということが分かった。

⑥ そこで、初心者に先輩を付けるメンター制度の導入と、初心者だけでダンスを披露するイベントの開催を企画としてまとめて代表に提案した。

⑦ それそれ、サークルの新しい試みとして取り入れることが会議で決まった。

⑧ サークル全体で提案した内容が動き出して、サークル全体で皆で協力していこうという空気になった。

どうでしょうか。

役職はないかもしれませんが頑張ったことは伝わりますね。

今回の事例は成果に結びつきましたけど、成果の大小はあまり重要ではありません。

何か少しでも自分の行動によって状況が変わったのならOKです。

サークルのガクチカ:エピソードに見出しを付けてみる

上記の①~⑧のエピソードそれぞれに見出しのようなものを付けてみましょう。

エピソードが整理しやすくなります。

現状に対する問題意識
① サークルで上手い人と初心者との溝が感じられて初心者のやる気が低下している。やめる人も出てきた。薄々気付いていたが何とかしたいと思っていた。

その時の自身の気持ち、感情
② このままほっとくと初心者の人がかわいそう。せっかくサークルに入ってくれたのにその気持ちに答えることが出来ないのは嫌だ。

始めに行動したこと
③ サークルの代表に現状を訴えてみたが、貴方なりに解決案を提案するよう言われた。

自分なりに工夫した行動
④ そこで、初心者の人たちを食事に誘ったりして、意見や考えを聞いて回った。

行動により見えてきた課題の要因
⑤ 上手い人にはなかなかこちらから声をかけにくい、相談しにくいという意見や目標がなくてモチベーションが下がっているということが分かった。

改善のための具体的な行動
⑥ そこで、初心者に先輩を付けるメンター制度の導入と、初心者だけでダンスを披露するイベントの開催を企画としてまとめて代表に提案した。

自分の行動がサークルに与えた影響
⑦ それそれ、サークルの新しい試みとして取り入れることが会議で決まった。

行動した結果、成果
⑧ サークル全体で提案した内容が動き出して、サークル全体で皆で協力していこうという空気になった。

このように見出しを付けていくと、エピソードが整理しやすくなります。

エピソードを伝える時もこのように整理されていると相手が理解しやすくなります。

今回の例を参考に、是非自分のエピソードに当てはめてみてください。

今回はダンスサークルを取り上げましたが、他にサークルの課題としては、先輩後輩の溝、部員のモチベーションや意識がバラバラ、参加人数が限定されている、新入生が入らず存続の危機等がありますね。

なぜこのように見出しを付けるかというと、エピソードを伝える時に採用担当者が一番知りたい

物事に対する姿勢や意識、価値観、考え方、性格、行動特性、さらにモチベーションの源泉といった学生の特徴や個性

を効果的に伝えるために便利だからです。

それでは、エピソードから特徴や個性をどう伝えて行くか、について解説していきます。

サークルのガクチカ:エピソードを通して伝えたいことを整理する

ここまで作業をしてみて、さらに掘り下げていきたいと思います。

今までの内容は頑張ったという事実関係(エピソード)ですね。

もちろんこの事実関係(エピソード)を伝えるわけですが、採用担当者が知りたいのは、頑張ったことを通じて見えてくる学生の特徴や個性です。

もちろんこうした特徴や個性は、採用担当者が事実関係(エピソード)から読み取って行くものですが、出来れば自分自身が頑張ったことを通じて、自身のどんな特徴や個性を伝えたいかを自身で認識しておくと伝わり方が違ってきます。

それでは、上記の事例をもう一度振り返って、各エピソードから見えてくる特徴や強みを考えていきましょう。

現状に対する問題意識
① サークルで上手い人と初心者との溝が感じられて初心者のやる気が低下している。やめる人も出てきた。薄々気付いていたが何とかしたいと思っていた。
→いつも問題意識をもって活動しており、課題を発見する力がある。

その時の自身の気持ち、感情
② このままほっとくと初心者の人がかわいそう。せっかくサークルに入ってくれたのにその気持ちに答えることが出来ないのは嫌だ。
→メンバーシップ、仲間を想う気持ちを持っている。他人事ではなく自分事として捉える意識がある。

始めに行動したこと
③ サークルの代表に現状を訴えてみたが、貴方なりに解決案を提案するよう言われた。
→思い立ったららすぐ行動する。行動にスピード感がある。

自分なりに工夫した行動
④ そこで、初心者の人たちを食事に誘ったりして、意見や考えを聞いて回った。
→あきらめずに行動する力がある。自発的に行動できる。自分なりに考えて工夫できる。

行動により見えてきた課題の要因
⑤ 上手い人にはなかなかこちらから声をかけにくい、相談しにくいという意見や目標がなくてモチベーションが下がっているということが分かった。
→課題の分析をすることができる。

改善のための具体的な行動
⑥ そこで、初心者に先輩を付けるメンター制度の導入と、初心者だけでダンスを披露するイベントの開催を企画としてまとめて代表に提案した。
→自分で考えて企画する力がある。提案力がある。

自分の行動がサークルに与えた影響
⑦ それそれ、サークルの新しい試みとして取り入れることが会議で決まった。
→周りの人を動かす力がある。

行動した結果、成果
⑧ サークル全体で提案した内容が動き出して、サークル全体で皆で協力していこうという空気になった。
→周りに影響を与える力、成果を導く力がある。

緑字の部分が、この学生が持っているかもしれない特徴や個性ということになります。強みと言ってもいいかもしれませんね。

一つのエピソードで、特徴や個性をこれだけ伝えることが出来る可能性があるということです。

ここで取り上げた特徴や個性に当たるもの

・いつも問題意識をもって活動しており、課題を発見する力がある。
・メンバーシップ、仲間を想う気持ちを持っている。他人事ではなく自分事として捉える意識がある。
・思い立ったららすぐ行動する。行動にスピード感がある。
・あきらめずに行動する力がある。自発的に行動できる。自分なりに考えて工夫できる。
・課題の分析をすることができる。
・自分で考えて企画する力がある。提案力がある。
・周りの人を動かす力がある。
・周りに影響を与える力、成果を導く力がある。

採用担当者はこのような特徴や個性を確認するために、ガクチカを聞いているのです。

こうした特徴や個性が企業が求める人材要件に当てはまると、採用担当者の学生に対する期待値が上がってきます。

自分はどんな特徴や個性を伝えたいかを考えて、該当する部分を強調したりしていけば相手にも伝わりやすくなります。

※ちなみに「自己PR」は、この特徴や個性を強みとしてをダイレクトに伝えるという場面になります。採用担当者が知りたいことは基本的に同じです

サークルのガクチカ:企業の求める人物像とのマッチングを意識する

ここで重要なのが、企業には求める人材像というのがあって、エントリーシートや面接を通じて応募してきた学生が求める人材像に適しているか、合っているかを判断します。

・メンバーシップやチームで成果を上げることが出来る人を求めている企業
・とにかく、行動、スピード感を求めている企業
・自発的に自ら考え行動できる人を求めている企業

等企業によって求められるものが異なったりします。

自身が伝えたい特徴や強みがどんなに良くても、この企業が求める人物像と合ってなければ、その企業とは合わないという判断になってしまうかもしれません。

つまり、応募している企業はどんな人を求めているのか、自分の伝えたい特徴や個性がマッチしているのかということは意識しておく必要があります。

独りよがりにならずに企業視点を持つということが大事ですね。

まとめ

以上、ガクチカでサークルの話をする時、役職や大きな実績が必ずしも重要ではないということ、貴方の特徴や個性が企業に伝わることが重要ということを書いてきました。

最後にポイントをまとめておきます。

  1. ガクチカにおいては役職や大きな実績が全てではない。
  2. 貴方なりに頑張ったことがあれば充分。
  3. まずは頑張ったことの事実関係を棚卸しよう。
  4. その中で自分の伝えたいことを整理する。
  5. 伝えたいことは企業視点も考慮する。

今回は以上となります。

24卒向け:就活を前に進めるアクションプラン 

24卒向けの学生向けに、早期の段階から就活支援のサービスを行っている会社がいくつかあります。

今回は、その中からおススメのサービスを紹介します。

こうしたサービスも早めに利用しておくといいですね。

特徴的なのが、スカウト・オファー型(逆求人型)の就職サイトを運営しているという点です。

このサイトに登録して自分のプロフィールを作成しておくと、自分に合ったインターンシップ情報はもちろん、早期選考の情報を手に入れることができます

学生のプロフィールを見た企業が、学生にお誘いの連絡が来るという仕組みなんです。

待っていれば自分の興味を持った企業から声がかかるというシステムなので、どんな企業から声がかかるか?

楽しみですよね。

とりあえず動き出すきっかけとしては良いサービスですね。

何よりも効率的に就活を進めることが出来ます。

それだけではありません。

自己分析に役立つ適性検査やキャリア診断、書類作成や面接のサポート等就職支援のプログラムも用意されています。

今回は筆者がおススメする2社に絞って紹介します。

◇おススメできる理由

・運営会社の信頼性:就職支援、就職情報提供の分野では、長年積み重ねてきた歴史と実績とブランドがあり業界内でも高い信頼性を持っている。

・就職支援の実績:大学などでの就活支援講座など実施しており、高品質な就職支援プログラムを持ち、質の高いキャリアコンサルタントが在籍している。

なお、いずれも利用料は無料ですので安心して活用してください。

doda campas 株式会社ベネッセi-キャリア

「dodaキャンパス」は、学生がプロフィールを入力することで、企業の採用担当者から早期インターンや特別な採用オファーが届く、逆求人型就活支援サービスです。

22〜25卒の登録学生は668,000人を突破。登録企業数は6,800社超
人気企業から業界をけん引する優良企業まで多彩な企業が登録

オンラインで学びの機会を提供するキャリア講座『dodaキャンパスゼミ』
キャリアの専門家による就活に関するアドバイス等dodaキャンパス会員に向けて無料開催

ベネッセが運営するからこその、無料のキャリアイベントや時期に応じた添削サービスなど、成長支援・サポートが充実
毎月15回以上イベント開催

これまでの経験や自己PRなど、「キャリアノート」と呼ばれるプロフィールを入力することで、あなたの魅力が企業に伝わり、自分にあった企業からのインターンや選考に関するオファーが届く。

まずは気軽に登録しておきましょう。

〇スマホでご覧の方はコチラ(doda campasアプリをインストールしてください)

5人に1人が登録!ベネッセの成長支援型逆求人就活サービス【dodaキャンパス】


〇PC でご覧の方はコチラ(doda campas Webサイトから登録)

5人に1人が登録!ベネッセの成長支援型逆求人就活サービス【dodaキャンパス】

あさがくナビ 株式会社学情

アプリを使ってインターンシップを検索、参加予約!
様々な検索項目から、自分に合ったインターンシップを見つけることができます。

会員数は40万人で最大級
隠れた優良企業や中堅企業が強い

就活・就職準備イベントに参加予約!
毎年多くの先輩たちから支持されている「あさがくナビの就職博」等、就活・就職準備イベント情報を随時更新!

「自分らしく働ける仕事」が見つかる「適職診断」
簡単な質問に答えるだけで、あなたの性格や適職を9つのタイプに分類、診断結果はいつでも確認可能!自己分析にも役立つ

社会の“今”が分かる、業界の“リアル”が分かる!シゴト力が身につく特別コンテンツ「就活ニュースペーパー」配信
時事・一般常識問題、業界・企業に詳しくなれる

こちらも併せて登録しておきましょう。

〇スマホからのみとなります。(こちらから専用アプリをインストールしてください)


24卒就活全体のスケジュール感など全体像が知りたい方は以下の記事も参照ください。

24卒の就活はいつから始めるべき?全体のスケジュール感とやるべきことをまとめて解説

【23卒向け】この先さらに前進するための手段とは?

就活していて、ちょっと立ち止まってしまったり、リセットしたい時があると思います。

今までと違った方法を試してみるのも効果的だと思います。

例えば、こんな方法があります。

・就活エージェント(新卒紹介)を活用して新たな企業に出会う。

就活でも上記の方法はずいぶん一般的になってきました。

ちょっとでも気になったら、以下読み進めてください。

まずはアクション!

一歩踏み出していきましょう。

23卒向け 就活エージェント(新卒紹介)を利用してみる

自分だけでは見つけられない優良な企業と出会うことができます。

持ち駒ピンチの時など、是非活用してみましょう。

書類の添削や面接対策、企業研究サポートもやってくれます。

簡単な登録手続きから始めます。

その後はトントン拍子で就活が進みます。

こちらも併せて利用してみましょう。

詳細情報や利用方法について以下の記事を参照ください。

23卒内定なし・就活再スタート・今から就活の就活生におススメの就活エージェント(新卒紹介)7選!をまとめて紹介

-新卒 就活
-, , , , ,

Copyright© あしたのしごと  , 2022 All Rights Reserved.