新卒 就活

【就活】ガクチカは学業(勉強)にしたい!どう伝えるべき?事例を紹介しつつ、書き方・伝え方を紹介します

・実は学生時代はサークル活動やアルバイトはほとんどしていなくて、ガクチカは学業ぐらいしか思いつかない。
・実際問題、ガクチカで学業はあり?
・学業をどのように伝えていいか分からない。

このような不安にお答えします。

本記事の内容

◆ガクチカで学業ネタOKな理由

◆ガクチカで学業のパターン

◆学業を頑張った事例と意識すべきアピールポイント

◆ガクチカを伝えるときに企業視点を意識する

◆ガクチカで学業を語る時の展開例(伝え方)

この記事を書いた人

KyoLive
KyoLive
人材・キャリア領域でフリーランス歴10年
今まで複数の企業の新卒採用担当者として実際に選考に携わっており、ガクチカで学業を話してきた事例に多く関わってきました。
一方で大学などで就活対策の講師として就活講座やカウンセリングを行ってきました。

ガクチカのネタが思いつかない。

学業でもいいのかな?

本当に学業を頑張ったからそれを話したいという積極派、または学業くらいしか思いつかないという消極的な人、と様々ですね。

筆者は新卒の採用担当者として、今まで様々なガクチカを見てきました。

全てとは言えませんが、学業の話を聞いて、この勉強を頑張ろうというしっかりとした意志や結果を出すために苦難を乗り越えてきた経験、また自分なりの工夫など、仕事でも再現してくれれば成長できるんじゃないかとイメージできることが多々ありました。

学業は少し地味なイメージがありますが、学業の頑張りを通して伝えられることはきっとあります。

今回は、学業での頑張りをどう伝えるか、企業に響くかという点にフォーカスして事例を参考に解説していきます。

この記事を読んだらすぐにでも書き始めることが出来ると思います。

ガクチカで学業ネタOKな理由

ガクチカは学業で書きたいけど、弱いかなという不安がある。

大丈夫かな?

結論を言うと、ガクチカで学業はアリです。
学業は学生の本分ですからね。

ただ、サークル活動やアルバイトに比べると、内容によってはコミュニケーションやチームワーク、主体的な行動やチャレンジ精神などをあまりアピール出来ないんじゃないかと思われるかもしれません。

でも、たとえ目立ったものではなくても、学業を頑張れた動機や取り組み姿勢、成果を出すまでの過程での計画管理やモチベーション管理、場合によっては情報を得るための行動など、実はアピールできることは意外とあるものなのです。

実は企業が知りたいのは、エピソードそのものの優劣よりも上記のような、考え方や姿勢、行動特性だったりします。

このような、言わば、その人なりの特徴を知ることで、入社後の成長していく姿をイメージしたいのです。

入社後、この頑張りが再現され、仕事でも成果を出してくれるんじゃないかと言う評価になるといいですよね。

以上のように、ガクチカで学業について話そうと考えている学生は是非そのまま進めていきましょう。

筆者も新卒採用の担当で、実際にガクチカで学業のことを取り上げた学生の事例をたくさん知っています。

ただ、伝え方は工夫した方が良いですね。

どのように伝えたら、採用担当者に刺さる内容になるのか?しっかりと考えていきましょう。

学業のパターンはどんなものがあるか

学業といっても様々なパターンがあると思います。

パターン別にどんなことを伝えればいいのかを見ていきましょう。

①学校の授業

正規の授業の中で、特に力を入れた科目を取り上げることが多いですね。または苦手な科目を克服したという話も多いです。

どうしても受け身の話になりがちですが、自分なりになぜ頑張ったのか?どう頑張ってその結果どうなったのか?というところまで伝えたいですね。

②ゼミ活動や研究室での勉強

授業に比べると、自分で判断、決定することも多く能動的な動きを伝えやすいですね。
また、教授や先輩、後輩との関係構築など、コミュニケーションについても伝えることが出来ます。

③資格取得

資格に関しては、なぜその資格取得を目指したのか?理由や目的を伝えるとともに、資格取得までの計画、実行までの工夫、自己管理や独自の知識取得のノウハウなどもアピールできますね。

④課外活動(語学やプログラミングなど学外での勉強)

資格取得に似ていますが、これも独自に自分で勉強していった例です。語学やプログラミング、デザインなど何か明確な目的があって取り組んでいることが多いようです。

主体的な取り組み姿勢や目標に向けて頑張っている姿などをアピールできます。

⑤独自の勉強の機会創出

今までと視点がちょっと違うんですが、大学の授業やゼミ、研究室の枠を超えて、学内外で任意で仲間を集めて勉強会を開くなどの活動についてガクチカで伝える学生がいました。

コミュニケーションや主体性をアピールでき、有効だと思います。

学業を頑張った事例と意識すべきアピールポイント

それでは、筆者が実際に聞いたガクチカ(学業)の事例を3つ紹介します。
(内容は凝縮して大まかな概要を紹介しています)

それぞれのアピールポイントも取り上げていきます。

事例① 授業

大学ではマーケティングの授業に力を入れました。

ECサイトで買い物するのが好きなのですが、なぜこの商品が売れるのかなどについて興味があったからです。

授業では基本的な理論を学びましたが、それだけでは物足りずに、他大学の友人に頼んでその大学のマーケティングの授業に参加したり、SNSで企業のマーケティング担当にコンタクトを取って話を聞いたりしました。

このようにマーケティングについて幅広く知識を得ることができて、結果的に就活でもマーケッターとして活躍したいと考えるようになりました。

◆アピールポイント

・普段の日常生活で問題意識を持っている。
・自発的に学ぶ姿勢と自ら行動する積極性がある。
・学んだことを活かそうとする姿勢がある。

事例② 資格

ITパスポート取得に力を入れました。

文系ですが将来IT関連の知識が必要だと考え取り組みました。

思い通りに勉強が進まなかったこともありました。そこで勉強の計画を週単位で作り、その週の目標を達成できるよう勉強する時間を作りました。

特に授業の合間、通学時間等の隙間時間も活用し、家でも決めた時間は必ず勉強の時間にあてました。

こうした取り組みを習慣化することができて、例え遅れることがあっても取り戻すことが出来るようになりました。

その結果、予定通り資格を取得することが出来ました。

◆アピールポイント

・自ら目標をもって取り組む意識
・学びの習慣化
・計画性やスケジュール管理

事例③ 独自の勉強機会の創出

学校で苦手なプログラミングの克服に力を入れました。

プログラミングの授業が苦手で、分からないことは先生に積極的に聞きに行きましたが、なかなか成績が向上しませんでした。

自信を失っていましたが、周りに同じように苦手な人がいるのを知って、みんなで一緒に勉強していくことを提案しました。

授業の合間や放課後の時間を使って、メンバーそれぞれ分からない点を教え合い、それでも分からない時は、得意な人に聞きに行って、それをメンバーに共有するようにしていきました。

仲間と一緒に勉強することでやる気も出てきて、また励まし合うことで勉強が進み、苦手意識を克服することができて、成績も向上しました。

◆アピールポイント

・苦手を克服しようとする意思
・周りを巻き込んでいく力
・チームで協力していくチームワーク



以上のように、学業で頑張ったことのエピソードから、それとなくアピールできることが分かりますね。

出来れば、学業で頑張ったエピソードを通じて、自分のどんな強みや特徴をアピールするかは自分自身で意識しておくと企業に伝わりやすいと思います。

ガクチカを伝えるときに企業視点を意識する

以上のように、企業はこうしたエピソードから学生の強みや特徴、考え方や行動特性を知り、仕事で活かせそうか、将来成長が見込めるかということを読み取っていくのです。

そこで重要になってくるのが、企業がどんな人を求めているのか?という視点です。


応募しようとする企業で、仕事をする上でどんな要素が必要なのか?これを想定して、自分のアピールポイントとの接点を伝える必要があります。

上記の例で言うと、企業のこんな求める条件に当てはまりますね。

事例①「自ら考え行動できる人」「自ら課題に取り組める人」

事例②「自身で知識の積み上げができる人」「自ら取り組み結果を出せる人」

事例③「チームで協力して取り組む人」「周りの人を巻き込むことができる人」

このように、自分のアピールポイントと企業が求める人材要件とのマッチングを意識しましょう。

企業が求める人材要件は、企業の採用ページや就職サイトの企業紹介ページに載っているので確認しましょう。

また、会社説明会や企業との面談など、企業と接触する機会があったら、直接確認してみることをおススメします。

ガクチカで学業を語る時の展開例(伝え方)

最後に、ガクチカを分かりやすく伝えるための文章構成について解説します。

フレームワークを活用すると、書きやすいと思います。

STAR法というフレームワークがありますので、こちらを活用します。

STAR法とは、次のような文章構成です。

STAR法

・Situation:概要
・Target&Task:目標、課題
・Action:行動
・Result:
結果



ガクチカを書く際は、上記に加えて、「動機」「結論」も入れていってもよいですね。

①概要→何を頑張ったか?要点を一言で
②動機→なぜ、それに取り組んだか
③課題→自ら立てた目標、取り組む中での課題
④行動→具体的な行動内容
⑤結果→行動した結果や成果
⑥結論→以上の活動で学んだこと

具体的な例文を当てはめてみましょう。

①私は英語での日常会話習得に力を入れました。

②海外旅行がきっかけで、もっと海外の人と交流しお互いの文化や考え方を理解して視野を広げたい、また将来も海外でも仕事ができる人間になりたいと思ったからです。

③日常会話が出来ることを目標としました。ただ、英語の勉強をしても実際にそれを試す機会がありませんでした。そのためなかなか自信が持てませんでした。

④そこで、大学では留学生のサポートをする団体に所属し、積極的に留学生に声をかけて友人を作りました。 それだけではなく、外国人と交流できる多国籍のカフェに通って、ここでも積極的に声をかけて友人を作り英語で会話する機会を日常的に増やしていくなど英語漬けの日々を送りました。 普段も映画やネット上の動画では字幕なしで見るようにしていました。

⑤その結果、日常会話ができるようになったのはもちろん、いろんな国の人との交流も増えました。

⑥英語の学習を通じて語学力だけではなく、積極性や行動力、違う価値観の人との相互理解理解燃えることができました。 この経験を生かして、将来は海外の人と繋げるような仕事をしていきたいと思います。

以上のような感じになります。

あと、⑤の結果について、出来れば定量化した方が良いという意見があります。

例えば、英語学習であればTOIECの点数だとか、テストで何点とったとか、客観的な数値などのことです。

もちろんあれば良いのですが、それにこだわりすぎて書けないということがあると残念ですね。

必ずしも定量化しなくても構いません。

重要なのは、エピソードを通じて自分の強みや特徴、考え方や行動パターンなどをいかに伝えるか、ということですから。

まずは、上記の例を参考に、学業を頑張ったエピソードを作成してみましょう。

まとめ

以上のようにガクチカで学業で頑張った話はOKです。

出来れば、応募する企業ではどんな人材が求められているかを意識して、ガクチカの内容を構成していきましょう。

学業で頑張ったことは、ガクチカという形でなくても面接で聞かれるかもしれませんね。

そのためにも準備しておいた方が良さそうです。

参考までに、ガクチカと自己PRの棲み分けについて以下の記事を参照してください。

「自己PR」と「ガクチカ」の違いが分からない?使い分け方を解説しつつ、伝え方のフレームワークも紹介

今回は以上となります。


24卒向け:就活を前に進めるアクションプラン 

24卒向けの学生向けに、早期の段階から就活支援のサービスを行っている会社がいくつかあります。

今回は、その中からおススメのサービスを紹介します。

こうしたサービスも早めに利用しておくといいですね。

特徴的なのが、スカウト・オファー型(逆求人型)の就職サイトを運営しているという点です。

このサイトに登録して自分のプロフィールを作成しておくと、自分に合ったインターンシップ情報はもちろん、早期選考の情報を手に入れることができます

学生のプロフィールを見た企業が、学生にお誘いの連絡が来るという仕組みなんです。

待っていれば自分の興味を持った企業から声がかかるというシステムなので、どんな企業から声がかかるか?

楽しみですよね。

とりあえず動き出すきっかけとしては良いサービスですね。

何よりも効率的に就活を進めることが出来ます。

それだけではありません。

自己分析に役立つ適性検査やキャリア診断、書類作成や面接のサポート等就職支援のプログラムも用意されています。

今回は筆者がおススメする2社に絞って紹介します。

◇おススメできる理由

・運営会社の信頼性:就職支援、就職情報提供の分野では、長年積み重ねてきた歴史と実績とブランドがあり業界内でも高い信頼性を持っている。

・就職支援の実績:大学などでの就活支援講座など実施しており、高品質な就職支援プログラムを持ち、質の高いキャリアコンサルタントが在籍している。

なお、いずれも利用料は無料ですので安心して活用してください。

doda campas 株式会社ベネッセi-キャリア

「dodaキャンパス」は、学生がプロフィールを入力することで、企業の採用担当者から早期インターンや特別な採用オファーが届く、逆求人型就活支援サービスです。

22〜25卒の登録学生は668,000人を突破。登録企業数は6,800社超
人気企業から業界をけん引する優良企業まで多彩な企業が登録

オンラインで学びの機会を提供するキャリア講座『dodaキャンパスゼミ』
キャリアの専門家による就活に関するアドバイス等dodaキャンパス会員に向けて無料開催

ベネッセが運営するからこその、無料のキャリアイベントや時期に応じた添削サービスなど、成長支援・サポートが充実
毎月15回以上イベント開催

これまでの経験や自己PRなど、「キャリアノート」と呼ばれるプロフィールを入力することで、あなたの魅力が企業に伝わり、自分にあった企業からのインターンや選考に関するオファーが届く。

まずは気軽に登録しておきましょう。

〇スマホでご覧の方はコチラ(doda campasアプリをインストールしてください)

5人に1人が登録!ベネッセの成長支援型逆求人就活サービス【dodaキャンパス】


〇PC でご覧の方はコチラ(doda campas Webサイトから登録)

5人に1人が登録!ベネッセの成長支援型逆求人就活サービス【dodaキャンパス】

あさがくナビ 株式会社学情

アプリを使ってインターンシップを検索、参加予約!
様々な検索項目から、自分に合ったインターンシップを見つけることができます。

会員数は40万人で最大級
隠れた優良企業や中堅企業が強い

就活・就職準備イベントに参加予約!
毎年多くの先輩たちから支持されている「あさがくナビの就職博」等、就活・就職準備イベント情報を随時更新!

「自分らしく働ける仕事」が見つかる「適職診断」
簡単な質問に答えるだけで、あなたの性格や適職を9つのタイプに分類、診断結果はいつでも確認可能!自己分析にも役立つ

社会の“今”が分かる、業界の“リアル”が分かる!シゴト力が身につく特別コンテンツ「就活ニュースペーパー」配信
時事・一般常識問題、業界・企業に詳しくなれる

こちらも併せて登録しておきましょう。

〇スマホからのみとなります。(こちらから専用アプリをインストールしてください)


24卒就活全体のスケジュール感など全体像が知りたい方は以下の記事も参照ください。

24卒の就活はいつから始めるべき?全体のスケジュール感とやるべきことをまとめて解説

【23卒向け】この先さらに前進するための手段とは?

就活していて、ちょっと立ち止まってしまったり、リセットしたい時があると思います。

今までと違った方法を試してみるのも効果的だと思います。

例えば、こんな方法があります。

・就活エージェント(新卒紹介)を活用して新たな企業に出会う。

就活でも上記の方法はずいぶん一般的になってきました。

ちょっとでも気になったら、以下読み進めてください。

まずはアクション!

一歩踏み出していきましょう。

23卒向け 就活エージェント(新卒紹介)を利用してみる

自分だけでは見つけられない優良な企業と出会うことができます。

持ち駒ピンチの時など、是非活用してみましょう。

書類の添削や面接対策、企業研究サポートもやってくれます。

簡単な登録手続きから始めます。

その後はトントン拍子で就活が進みます。

こちらも併せて利用してみましょう。

詳細情報や利用方法について以下の記事を参照ください。

23卒内定なし・就活再スタート・今から就活の就活生におススメの就活エージェント(新卒紹介)7選!をまとめて紹介

-新卒 就活
-, , , ,

Copyright© あしたのしごと  , 2022 All Rights Reserved.