新卒 就活

ガクチカでスーパーのアルバイト経験(品出し、レジ)を魅力的にアピールできる方法を解説

ガクチカ(学生時代に頑張ったこと)で、取りあえずスーパーでのバイトネタで書こうとしたけど、アピールできるほどの仕事をした自信もないし実際にどう書いたらよく分からない。

そんな悩みにお答えします。

本記事の内容

◆なぜガクチカを聞くのか?採用担当者は何を知りたいのか

◆手順①スーパーの業務で何をどのように頑張ったか?を振り返る

◆手順②なぜ頑張ったのか?理由を振り返る

◆手順③何を学んだかを伝える

◆スーパーでのアルバイトをガクチカで書く手順のまとめ

この記事を書いた人

KyoLive
KyoLive
人材・キャリア領域でフリーランス歴10年
大学での就職講座の講師や就活カウンセラー歴15年、3000人以上の就活生をサポートしてきました。
企業の採用コンサルティングや実際の採用選考に携わっていて、採用する側の視点を伝えています。

「エントリーシートでガクチカは何を書こうか迷っていたんだけど、とりあえず自分なりに頑張ったスーパーでのアルバイトにしようかと考えている。

結構長い期間やっていたし、それなりに周りの人からも信頼されていたと思うんだけど、何か特別なことをしているわけじゃないし、

大丈夫かな?と不安に思っている。」

という貴方!

そんな心配いりません!

採用担当者はなぜガクチカ(学生時代頑張ったこと)を聞くのか、何を知りたいのかという意図を理解することで解決出来ます。

本記事を参考に自信を持って学生時代頑張ったこと(スーパー編)を完成させてください。

なぜガクチカを聞くのか?採用担当者は何を知りたいのか

多くの企業でエントリーリートや面接で「学生時代頑張ったこと」を聞いています。
どんな意図で聞いているのでしょうか。

結論から言うと、学生の性格や意識、価値観、姿勢や行動パターンを知りたいのです。

なぜか?

会社で働く姿をイメージしたい、職務適性を判断したい、成果を出せそうな資質を持っているか、また組織の文化に合うかどうか見極めたいからです。

採用担当者は、必ずしも華やかで唯一無二のすごい実績や成果を求めているわけではありません。
もちろんこうした実績や成果があればいいと思いますが、採用担当者の視点はそこではありません。

何を考えてどう頑張ったかという過程を重視しています。

その過程の中にその人なりの個性が見えるからです。

スーパーのアルバイトで、一見同じような仕事をしていても、業務に対する意識や姿勢、考え方は人によって違いますね。

・几帳面な性格でコツコツと仕事の段取りを考えて早く出来るように工夫をしている人

・人に喜ばれるのが好きで笑顔で明るくお客様に接しようと考えている人

・みんなで頑張るのが好きでスタッフ同士のチームワークを意識している人

色々個性がありますよね。

その個性を知りたいのです。

学生時代頑張ったエピソードを通じて、自分の性格や意識、価値観、姿勢や行動パターンを伝えることが出来れば、きっと採用担当者の心を動かすことが出来るでしょう。

それでは具体的にどのようにスーパーでのアルバイト経験を書いていくか、考えていきましょう。

スーパーのガクチカ:手順① スーパーの業務で何をどのように頑張ったか?を振り返る

通常業務をコツコツ頑張る毎日の中で、

「特別に何を頑張ったかと言われても、何も浮かばないよ」

というように思われるかもしれません。

でもちょっと振り返ってみてください。

自分なりに何か考えて工夫をしてみたり、改善をしたなど取り組んだことはないでしょうか。

どんな取り組みをしたのか

例えばですが、スーパーのアルバイト経験者でこんな取り組みをしている人がいました。

・レジで少しでもお客様を待たせないように、処理スピードを上げる工夫をしてみた。

・レジを効率よく回すために、他のレジにもお客様を回すように声掛けをしてみた。

・品出しが効率よく出来るように業務の段取りを工夫してみた。

・鮮魚コーナーの清掃が早く終わるように業務の優先順位を工夫してみた。

・社員さんが仕事をやりやすいように事前準備に工夫をしてみた。

・休憩時間などパートの方に声掛けしたりして良い人間関係を作るようにしていた。

・新人が入ってきたら、迷わず業務出来るように業務の手順書を作ってみた。

いかがでしょうか。
過去に自分が取り組んだことを思い浮かぶことが出来ましたか?

思い浮かんだら次の手順に入ります。
さらに深堀していきましょう。

どんな課題に対してどう取り組み、その結果は?

よく考えてみたら、貴方なりに取り組んだのはきっと理由があるはずです。

何か問題や課題を感じることがあって、何とかしようと自分なりに考え行動した結果、状況が改善された、ということではないでしょうか。

これをちょっと分解してみます。

①課題の発見
②解決に向けた行動
③その結果

上記の取り組み例の中から当てはめてみます。

レジを効率よく回すために、他のレジにもお客様を回すように声掛けをしてみた。

の場合です。

課題:特定のレジに行列が出来てしまって効率が悪い。

解決に向けた行動:並んでいるお客様を分散させるために、空いているレーンに誘導するようお客様にアナウンスをする提案を店長にした。

結果:店長にOKもらって実践してみたらお客様の行列が分散化され効率的にレジ処理が出来るようになった。

上記のように、
3つのポイントをまとめていくと、あなたが取り組んだことが分かりやすくなります。

スーパーのガクチカ:手順② なぜ頑張ったのか?理由を振り返る

ここまでで貴方がスーパーのアルバイトの中で具体的にどのようなことに取り組んできたのかが明確になってきたとします。

さて、ここからが重要です!

そもそも貴方はなぜ課題に気づいて解決への取り組みをしようと思ったのか?
行動の動機です。
ここに貴方の性格や価値観、考え方等の個性が隠されています。

なぜそうしたのか?

例えばですが、スーパーでアルバイトをしている様々な学生の事例をランダムに書いてみました。

・お客様に快適に買い物をしてもらいたい。

・お客様からの感謝の言葉がやりがいに感じる。

・自分の工夫で店が上手く回せるようになったというやりがいを感じたい。

・先輩スタッフや社員さんに認められたい気持ちがあった。

・自分がなんとかしなきゃという気持ちが強かった。

・チームのみんなで一緒に頑張れることに喜びを感じる。

・何か目標を決めて達成感を感じたい。

・頼られることに喜びを感じる。

・他の同僚に負けたくない。

このように貴方が取り組んだのにはきっと動機があるはずです。
自分の中では無意識にやっていたことかもしれません。

でもここが重要なので、当時の状況を思い浮かべて自分なりに分析してみてください。
そしてその時の思いを言葉にしてみてください。

採用担当者はこうした動機から学生の個性を感じ取ります。
例えば、こんな感じ。

・人のために役に立つことに喜びを感じる人
・感謝やありがとうの言葉を受け取るのがモチベーションにつながる人
・周りに認められたい承認要求がやる気に繋がっている人
・リーダーシップを取ることが得意ですぐ行動できる人
・コツコツ積み上げることが得意で粘り強い人
・目標達成の気持ちが強い人
・人への気配りや配慮が出来てよい関係を作れる人
・負けず嫌いでやりぬくのをあきらめない人
・チームで何かを成し遂げるのがやりがいな人

こうした個性が伝わらないと採用担当者は人物評価の判断が出来ません。
だからこそきちんと伝える必要があるのです。

スーパーのガクチカ:手順③ 何を学んだかを伝える

最後にこうした取り組みを通して、「何を学んだのか」というところまで伝えて行きたいですね。

取り組んだ過程で、すんなりと行かなかったことがあったでしょう。初めは上手くいかないこともあったかもしれません。また壁があってなかなか進まなかったことがあったかもしれません。

でもそれを乗り越えてきたのなら何か学びがあったのではないでしょうか。

この学びについても是非考えてみてください。
スーパーでのアルバイトにおける取組を通じてどんなことを学びましたか?

・コツコツと愚直に取り組んでいけばコツが掴めて上手く出来るようになる

・まずは行動することで状況を変えることが出来る。

・常に相手のことを考えて行動していけば信頼関係を築くことが出来る

・絶対にあきらめないと信じて行動すれば何とかなる

・挨拶も笑顔もまずは自分からすることでよい関係が築ける

ここに挙げたのは過去に学生から聞いた事例の一部です。
こちらを参考に何を学んだのかをまとめておいてくださいね。

ちなみに苦労したり壁にぶち当たってもそれを乗り越えた経験、そこから学んだことは採用担当者が本当に聞きたい内容です。

スーパーでのアルバイトをガクチカで書く手順のまとめ

以上、ガクチカでスーパーでのアルバイト経験を書く時の手順についてでした。

流れをまとめておきます。

  1. 自分なりに何をどう頑張ったか具体的にまとめる。
  2. 課題の発見~解決に向けた行動~その結果の3ポイントでまとめる。
  3. なぜそうしたのか、動機をまとめる。
  4. 何を学んだかをまとめる。

最後に以上の項目をどのようにまとめて文章にするか触れておきます。

文章の構成例

①まずは結論(何をどう頑張ったかを簡潔に)
②スーパーの簡単な説明
③どんな課題があったか
④課題に対して取り組もうと思った動機
⑤具体的な取り組み事例 (壁にぶち当たったり苦労しながらも乗り越えたことがあれば尚可)
⑥その結果どうなったか
⑥以上の取り組みから学んだこと

まずは以上の流れで書き出してみてください。

そして何回か読み直して修正を繰り返して完成させてください。



今回はガクチカをどのように書くかという点を解説してきましたが、自己PRでこのネタを書きたいという方もいらっしゃると思います。

以下の記事で、ガクチカと自己PRをどう切り分けるか?またそれぞれの伝え方について解説していますので参照してみてください。

「自己PR」と「ガクチカ」の違いが分からない?使い分け方や伝え方を解説します

今回は以上となります。

作成したガクチカ・自己PR・就活軸等を企業に見てもらってオファー・スカウトを待つ

作成した、【ガクチカ・自己PR・就活軸】は、企業にはどう評価されるのか?

気になるところですね。

そこで、企業の目に留まる機会があれば、ぜひ活用したいですね。

それが、

新卒向け逆求人サイト(スカウト・オファー型サイト)

です。

このサイトに登録して自分のプロフィールを作成しておくと、

プロフィールを見た企業から、学生にスカウト・オファーが来るという仕組みです。

まずは作成したガクチカや自己PR・就活軸をプロフィールに書き込んで企業に見てもらいましょう。

どんな反応が来るか?試してみるのもいいと思います。

待っていれば自分の興味を持った企業から声がかかるというシステムなので、どんな企業から声がかかるか?楽しみですよね。

まずは、新卒向け逆求人サイト(スカウト・オファー型サイト)に登録するところから始めましょう。

無料で利用できますので安心です。

【OfferBox】

OfferBoxは株式会社i-plug (アイプラグ)が運営

国内最大級の逆求人サイト、学生利用率No.1という実績重視の人におススメ

・4年連続学生利用率No.1、就活生の3人に1人が登録
・利用企業数 8,400社以上
・学生のオファー受信率 93.6% (プロフィール入力率80%以上)
・プロフィールは文章だけでなく動画や研究スライド、写真を使って自分を表現することが可能
・適性診断AnalyzeU+を無料で受けることが可能
・企業が学生に送るオファー数に制限あり、きちんとプロフィール確認の上オファー

【OfferBox】サイトへ移動

大手からベンチャー企業まであなたにオファーが届くスカウト型就活サイト【OfferBox】

【キミスカ】

キミスカは株式会社グローアップが運営

ありのままの自分で勝負したい、オファー数多いのが魅力と感じる人のおススメ

・業界最高レベルの適性検査で、自分のストレス耐性や価値観傾向などを探り、自己分析の参考になる
・「ありのままの自分を」見せることがモットー、学歴や実績よりも性格を重視している傾向
・他の逆スカウト型アプリと比較して『企業からの求人オファー数』が格段に多い
・自分の選考状況をアピールできる
・3種類のスカウトがあり、企業の本気度が分かる

【キミスカ】サイトへ移動

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

【23卒向け】まだ間に合う!就活をあきらめなければ叶う

もう卒業まで数か月。

もし、卒業までに何とか内定をゲットして就活終わらせたいと少しでも思ったら。

この後、読み進んでください。

結論から言うと、何とかなります。

卒業間際の就活について、関連記事をまとめてみました。

是非参照ください。

【NNT】23卒でまだ内定がない!でも大丈夫!1月からでも間に合う就活方法を解説

【23卒就活】【NNT】1月!あきらめるのはまだ早い!未内定でも卒業直前で内定決めた8通りの成功事例

【23卒】内定ないまま卒業?就職浪人するか就職留年も考えておいた方が良い?迷ったら一度読んでください

 

過去に卒業式前までに就職を決めた人の多くは、就活エージェント(新卒紹介)を最終的に活用しています。

まだ募集を継続している企業の採用情報はココにあります。

以下の記事を参考にして、今すぐ行動しましょう。

23卒内定なしNNT限定!あきらめない就活生におススメの就活エージェント(新卒紹介)5選!をまとめて紹介

あきらめなければ何とかなります。

最後、頑張って4月から社会人になりましょう。

-新卒 就活
-, , , ,

Copyright© あしたのしごと  , 2023 All Rights Reserved.